PROGOS

PROGOS詳細

PROGOS(プロゴス)の提供形態

PROGOS(プロゴス)はテストとしてのご提供と、テストシステムとしてのご提供の2パターンあります。詳しくは弊社までお問い合わせください。

御社でお持ちのデータや教材と連動させたフィードバック等のカスタマイズが可能です。
例)テストシステムが利用されているテスト:

テスト構成について

オープンクエスチョン形式で、20分で完結するビジネス英語スピーキングテストです。

パーツ構成 設問内容 設問数 / 準備時間
/ 回答時間
評価ポイント
Part 1 インタビュー 一問一答。英語の問いに対しそれぞれ20秒以内に答えます。 設問数  10問
準備時間 なし
回答時間 各20秒
回答の的確さと質全般を評価します。
Part 2 音読 表示された文章を発話します。
文章表示→発話を8回繰り返します。
設問数  8問
準備時間 なし
回答時間 各10秒
聞き手がわかるように発音できているかを評価します。
Part 3 プレゼンテーション 与えられたトピックについて話します。提示された条件を満たす必要があります。 設問数  1問
準備時間 40秒
回答時間 60秒
長めの説明をどのように行うかを評価します。
Part 4 グラフ・図を用いた
プレゼンテーション
グラフや図が示すものについて説明します。 設問数  1問
準備時間 40秒
回答時間 60秒
事実提示説明の質を、グラフや図の説明を通して評価します。
Part 5 ロールプレイ 与えられたトピックに関連した、いくつかの会話のやりとりを行います。 設問数  1問 (関連質問含む)
準備時間 40秒
回答時間 各回答につき30秒
一方的な発話ではなく、やりとりの発生する場での発話を評価します。

サンプル問題を見る

テストの評価方法とフィードバック内容

グローバルスタンダードであるCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づき採点評価しています。採点は、当社の厳正なる認定を受けた採点者によって下記の項目に沿って算出します。
各タスクに対する「達成度」、質問に対してどの程度回答となり得ているか、回答の正しさ、回答の充分さから採点しています。

総合評価 CEFR準拠(CEFR-J) レベル※ CEFRについて詳しくはこちら
指標別評価 CEFRが定義する6つの発話の質による評価項目に分けた評価
  • 表現の幅Range

    使える文法、構文、語彙、フレーズの量

  • 正確さAccuracy

    どの程度正しく文法・語法を使えるか

  • 流暢さFluency

    どの程度スムーズに英語が口から
    出てくるか

  • やりとりInteraction

    会話を始めたり終わらせたり維持したり、
    意図する方向にどの程度意思表示できるか

  • 一貫性Coherence

    筋道の通った話し方の順序、言語選択

  • 音韻Phonology

    どの程度正しく(相手に誤解を与えない)
    発音 / イントネーション / 抑揚ができるか

また評価フィードバック内容には以下が含まれております。
・該当CEFRレベルのCanDo定義
・ CEFRでの1レベルアップの為の一般的なフィードバックと実現させる為の具体的な学習アドバイス

例えば:

総合評価 B1
指標別評価 表現の幅/流暢さ/やりとり/一貫性/音韻がB1で、正確さがA2である場合 正確さ(Accuracy)のフィードバックコメント:
発話量はある一方、語彙選択や文法・構文が苦手。流暢に話せる印象がある一方、特にビジネスシーンでは情報や意図が相手に誤解されてしまう可能性があります。
つまり、語彙選択や文法・構文が弱点

監修者の声

東京外国語大学 総合国際学研究院 教授 投野由紀夫氏

日本におけるCEFR研究の第一人者東京外国語大学 総合国際学研究院 教授
投野 由紀夫氏

・CEFR-Jプロジェクト代表
・NHKラジオ「基礎英語3」講師
・NHK教育テレビ「100語でスタート!英会話」講師

監修者コメント

PROGOS(プロゴス)は今までの語学試験にはあまりなかった、「学習成果を高めるための英語スピーキングテスト」です。
アセスメント結果はCEFR/CEFR-Jに対応しており、国際スタンダードであるCEFRでのレベルがわかり、また、CAN-DOに基づく詳細なレベルアップの為のフィードバックにより、次の学習を効果的・効率的にアドバイスしてくれるはずです。
このようなCEFRをしっかり研究して設計されたテストを定期的に受験して、適切な学習で弱点を補強すれば、より多くの、国際的な環境でお仕事をされる学習者の皆さんが短期間で効率的に英語を話す力を伸ばしていくことができるでしょう。

東京外国語大学 総合国際学研究院 教授 根岸雅史氏

日本における英語テスト理論の第一人者東京外国語大学 総合国際学研究院 教授
根岸 雅史氏

様々な大規模言語テストの開発および国の英語力調査に参加。CEFR-J研究プロジェクトを投野氏とともに牽引し、特にCEFR-Jベースの言語テストを開発中

監修者コメント

PROGOS(プロゴス)は、従来のスピーキングテストに比して、テスト項目の数が圧倒的に多く、そのため非常に高い信頼性を持つテストとなっています。
このテストの採点の高い信頼性を実現しているのが、採点システムと採点者のトレーニングです。
テストデータの分析結果から、テストの採点ロジックと実際のデータとの整合性を確認しました。
PROGOS(プロゴス)は、ビジネス場面での英語使用の分析に基づいてテストがデザインされています。
そのテスト結果は、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)のレベルに関連づけられていて、Pre-A1からC2まで(自動採点の場合はB2まで)測定することができます。
PROGOS(プロゴス)は単にレベルを判定するだけでなく、様々な観点(流暢さ、一貫性、正確さ、やり取り、音韻)からの評価を行っています。
こうしたフィードバックは、受験者に今後の学習につながる具体的かつ最適な学習指針を提供してくれることでしょう。

テストコンセプト開発者の声

執行役員 CQO プログラム開発本部長下又健

執行役員 CQO (Chief Quality Officer)
プログラム開発本部長下又 健

マレーシアで教育機関の代表取締役を13年間務める。日本帰国後、株式会社バンダイに入社し、子供向け英会話教材開発に従事。その後、ベルリッツ・ジャパンへ入社し、グローバル人材育成、キッズ・ティーンズ向け部門のマネジメント、プログラム開発に携わり、2014年、当社へ入社。2018年4月にCQO(最高品質責任者)に就任。TESOL,異文化トレーナー資格も持つ。

開発者コメント

「どうしたら学習成果を最大化できるスピーキングテストが開発できるのだろうか?」我々の挑戦はここから始まりました。そして、学習成果を最大化させるためのスピーキングテストは、自分の英語力を把握するだけでなく、自分の学習課題を客観的に認識でき、課題改善の着眼点まで提供していく必要があるのではないか?と我々は考えました。
そこでPROGOS(プロゴス)では、英語の総合レベルの表示だけではなく、CEFRで定義されている発話の質6項目の分析まで行い、具体的にどのような学習を行うことで発話の質を効果的に改善できるかのレコメンドまで行っているのが特徴です。
英語の習得には時間がかかります。時には学習をどう進めればいいかが見えずに、諦めてしまう学習者の方も多いかと思います。そのような時には、このPROGOS(プロゴス)を受験してもらうことで、「課題の把握」→「改善着眼点の理解」→「自己学習の継続」→「成果の最大化」のサイクルを回し、自律した学習者として長い道のりを着実に乗り切ってもらえればと思います。